我が子がいじめにあった場合の具体的な対処方法とは?

⇒⇒⇒ 不登校ひきこもり解決DVD・いじめ解決編 に答えがありました。


Top >  リンク集 >  通信制高校について

通信制高校について

いじめが原因で不登校になっている

退学したが、もう一度高校で勉強したい

高校は卒業したいが学校へは行きたくない

人間関係のストレスで勉強に集中できない・・・

転校にも不安がある・・・

このような悩みを持つお子さんも少なくない現状がありますが、 高校は全日制高校だけでなく、通信制高校という学びの場があることを ご存知でしょうか。

いじめられている子にとって、学校へ通うことは相当な負担であり、 親御さんにとっても大きな悩みとなっています。

通信制高校は学校へ毎日通学せず、家庭学習中心で高校卒業が可能
単位制度の高校です。

 

通信制高校の特徴

全く通学しなくてもよいということではなくスクーリングに参加します。
  平均で年間20日〜25日のスクーリング、中には年間4日という学校もあります。

3年間で74単位取得すれば高校を卒業できる制度ですので、
  全日制のように留年という概念がありません。

通学に縛られないので自由時間がかなり多くなる高校生活です。

転入、編入はいつでもほぼ可能で、それまでに在籍していた高校での
  在籍日数や単位の移行が可能です。

先生やカウンセラーなど生徒を見守り、指導してくれる環境も整っています。

「広域通信制高校」に認定された通信制高校では、3つ以上の定められた都道府県、
  または全国すべての都道府県から入学が可能です。

 

同じクラスメートと毎日同じ教室で時間を過ごすことに抵抗がある子供や いじめにあって学校へ毎日行きたくない子供に とっては、心理的に負担が軽い高校生活といえるでしょう。

通学に関しても、年間20日程度から週3〜5日通学できる学校まで様々ですので、 自分に合った学校を選んで、自分のペースで在宅で勉強することが可能です。

決まった日数のスクーリングに参加することで単位の 取得が可能なのも魅力です。
(日数は学校によって異なります)

また、高校卒業だけが目的ではなく、就職の為の技術取得や 大学進学のための受験指導等、その後の進路についての相談にも のってもらえますし、サポートもしてくれます。

通信制高校は将来について、周囲に影響されることなく、考えられる環境が整っていることも メリットのひとつです。

全く別の環境での再スタート、転校や編入を検討されている場合、 通信制高校も選択肢の一つではないでしょうか。


【無料】通信制高校の一括資料請求

通信制高校[無料]一括資料請求

 

リンク集

関連エントリー

リンクについて いじめ関連リンク 通信制高校について